収入の端数を上手く貯蓄に回したり、プールすることでお金を貯めやすくなります。

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

端数をどうするか

日払いや週払いの収入を得ている場合、貯蓄に回すお金を算出するのが難しいものですが、百円以下のお金を貯蓄用にプールしておくことで、貯蓄がしやすくなってくるものです。
それでも日々の生活は大変です。
収入が見込みよりも少ない時も出てきます。
その時はプールしているお金から出金するのも仕方がないと、覚悟しておきましょう。
プールしているお金が千円を超えていれば、すぐに今月分として貯蓄用の口座に入金しておく方が安心です。
先に貯蓄用のお金が差し引かれていますから、そこから増えていくお金に関しては生活費に回しても問題はないと思います。
貯蓄用のお金がある、貯金があると思うと、人はついつい気持ちがゆるくなりがちです。
ですが、最終的に大きな金額に育つまで、貯蓄のお金には手を付けないように頑張る強い意思も必要です。
時間月給などの、毎月決まった日に給与が支給される場合、毎月決まった金額を貯蓄に回すのが一番お金を貯めやすい方法ですが、給与の端数を別にプールしておくのも良い貯蓄の方法ではないかと思います。
絶対に手を付けない、将来に向けた貯蓄用のお金と、生活に困った時に使えるお金の二種類があると、より生活は安定すると思います。

Copyright (C)2017貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.