貯金箱を活用して貯蓄を始め、貯金箱がいっぱいになったらどうすれば良いのでしょうか。

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

ある程度まとまったら

お金を貯めるポイントとして、最初は五百円でも千円でも無理のない金額から始めると良いと思います。
一番大切なのは「継続すること」続けることなのです。
無理な金額を設定して、貯めては引き出し使う、といったことを繰り返していては意味がありません。
五百円玉貯金の場合は百均などで貯金箱が販売されています。
毎月五百円ずつ貯金箱に入れていきます。
貯金箱がいっぱいになったらどうするとよいのでしょうか。
貯金箱を開けるのが楽しみだと思います。
ずっしりとした貯金箱を開けて、お金を数えるといった楽しみがあります。
貯金箱にはいっぱいになると想定される金額が表示されていることが多いので、だいたいは目標額に近い金額が貯金箱の中にはあったのではないかと思います。
今度はそのお金を定額貯金にしたり、定期預金にすると簡単に引き出すことがありませんので安心です。
特に定期預金は期間を決めることが出来ますし、期間によって利率も変わってきます。
何より生活費と混同することがありませんので、定期貯金は貯蓄には向いていると思います。
定額貯金も生活費と混同することがありませんが、半年ほどで出し入れが可能になりますので、貯蓄が苦手な人向きではないように思います。

Copyright (C)2018貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.