まずは貯蓄の癖がつくように簡単なことから始めてみるようにしましょう。

貯蓄が苦手な人と得意な人

貯蓄が苦手な人と得意な人

まずは始めてみる

まずは悩んでいても始まりません。
貯蓄を始めることから試してみましょう。
お金を上手に貯める方法にはいくつかあります。
数年後に何百万円の金額を手にしたい、というのは貯蓄の経験がある人でないとなかなか難しいものです。
まずは小さな金額から始めてみて、お金を貯める癖をつけるところからが大切です。
毎日収入がある人でも、毎月決まった日に収入がある人でも同じことがいえるのは、「余ったお金を貯蓄にまわす」という考え方は間違っている、ということです。
不思議なことに貯蓄が苦手な人は、収入額が増えても貯蓄に回すお金がないことが多いのです。
ですから発想を変えて、「貯蓄のお金を先に抜いておく」という考え方にすることです。
収入があれば、先に千円でも二千円でも無理のない金額を先に貯蓄に回しておくことです。
大切なポイントは無理な金額を設定しないことです。
毎月千円でも、一年経てば一万二千円になります。
五年後には六万円になります。
小さな金額でも続けることが一番大切なポイントです。
出来れば貯蓄用の口座を別に作っておくと、生活費と混ざることがありませんので安心です。
残ったお金を貯蓄に回す、といった考え方から、先に貯蓄分を抜いたお金を生活費にするという発想の転換が必要なのです。

Copyright (C)2017貯蓄が苦手な人と得意な人.All rights reserved.